忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最新のFLOWマガジンがリリースされました。

(ブルースが表紙)

その中に先日、メイヘムが来日していたときに、ユキさんが取材してくれた、インタビューが掲載されています。

内容は、こんな感じです。

5 minutes talk with matt biolos


ロストのシェイパー、マット・バイオロスとの5分間トーク

photo by snowy / text by yuki

サンクレメンテから世界中に飛び出していったアメリカンドリーム、ロストのシェイパー、そして総帥、メイヘムことマット・バイオロス。ロストといえばアメリカの業界では何かとお騒がせなブランドとして通っているわけだけど、そのトップのマットは、実はお騒がせどころか、とても知的で頭のいい人。最近人は学ばなくなったよね。何でも分からないことがあればグーグル検索で解決しちゃう。辞書も本もなにもいらない。覚えなくてもいい。でもそれっておかしいでしょ、と普通に今の世の中のひずみなんかを指摘しちゃうような人なのだ。ロストの成功はこの人の頭の良さと、冷静な市場分析力があればこそだと思う。
ほんの小さな仲間内ブランドからここまで巨大ブランドに成長した秘訣を聞くと、マットはこう答えた。まず、一般のユーザーを満足させること。プロやチームライダーじゃなくてね。プロやライダーたちは一般のユーザーを満足させるためのツールみたいなもんだよ。ヤスリや定規といっしょ。彼らの意見を取り入れて、一般ユーザーがより満足するボードを作る。ロストの広告戦略はふざけてるかもしれないけど、ボードの性能は抜群なんだ。乗ってみれば本物だってのがわかる。ここだけは守ってるところだね。と話しながらも手は休まず、どんどん目の前のブランクスがシェイプされていく。1本にかかる時間は45分ほど、1日10本はシェイプするという。スワローのテールエンドラインをフリーハンドで引き、細かい部分なのに電動ヤスリで一気に行く。こっちが心配になってしまうほど大胆だ。そうやって話をしながらいとも簡単にボードが出来上がっていくのを見ていると、彼には普通の人が見えないものが見えているとしか思えない。どんな行程にせよ、仕上がったボードはとても美しいカーブを描いているのだ。
簡単だよ。小学校3年生の工作みたいなもんさ。俺はずっとこれをやってる。そりゃ若い頃はすごく神経質になってたこともあるけど、今はね、そうでもない。
シェイパーのサインをし、サイズを書き。最後にMade in Japanと書き添える。え~、メイドインジャパン? と言うとマットは、そうさ、中国製じゃないぜ。日本で俺がシェイプしたカスタムボードの証明だよ、と誇らしげに言った。
彼が今目指しているのは、ロングボードには乗りたくない、30代40代サーファーのためのショートボードだ。パドルが弱くても波が取りやすいボード。これも一般ユーザーを満足させるためのものに違いない。
ファイバーフレックス、パラボリックストリンガーと新しいコンセプトや素材にも積極的に取り組んでいるロストだけど、来年からはいよいよファイヤーワイヤーのロストサーフボードが登場する。
その前に以前出たフィッシュ系の短い板でのパフォーマンスを集めたDVDの第2弾も発売予定。ケリーも5‘6“で登場するらしい。コリー・ロペスや、クリス・ワードは5フィート台の板でパイプやチョープーに突っ込む、みたいな、なんかちょっと見てみたい感じはする。
明日は休みだから東京に行くんだ。昼はしゃぶしゃぶ、夜は焼肉、ってもう決めてる。原宿で女の子とかもチェックして、買い物もしたいな、と、相変わらず手は動かしながらも楽しそうにマットは笑った。

今なら店頭で配布していますので、FLOWをもらいに、ラヴサーフへお越しください。
PR
LOSTの最近の広告を一挙公開!

Ash King


Chris Davidson


BRAZILの広告です。


レディース広告




...LOST Surf Team


メイソンがFIBERFLEXに乗ってますね。

面白いのがこれで、
ロストは、ボードショーツの似合う、一生懸命働いているヤツらと契約した。

名前は、スレーター、アイアン、ジョデイ、ファニング
と、1ページ目で、

裏をめくると、見開きページで、

となっている、久しぶりのロストらしい広告がコレ!

ロストは設立当時から、サーフィンはWCTプロサーファー達やそのビジネスしている奴らのものだけ
でなくてもっと俺たちや身近にいる仲間達のものでもあるんだ!ってスローガンを掲げてますね。




サーフィンライフ誌の撮影に行ってきました。
クアッドの乗り方お手本ページ制作の為、千葉南にて写真撮影してきました。


ケンユーカメラマンが水中から、


土田カメラマンが、ランドから、


ライダーは僕が短いラウンンドノーズフィッシュ系を担当して、


鵠沼の若手、善家くんがハイパフォーマンス系を担当です。


インタビューやボードも撮影して、発売は5月10日の予定です。


プレセボのUBER FISH 5'6"でサーフしました。






千倉のペンション『C CABIN』
http://www7.ocn.ne.jp/~c-cabin/
オーナーの秋元さんは、MONKで、気持ちよさそうにサーフ!!


大人のラインで力が抜けたスタイリッシュな乗り方はモンクとマッチしてグライドしていました。


こちらは、22歳で波に乗る本数が恐ろしく多い元気な、善家くん。

昨年のマレーシアトリップから久々にUBERFISHに乗りましたが、
波を乗り繋ぐ性能が抜き出ています!


普段では失速してしまい、絶対乗り繋ぐのは無理なフラットなセクションも乗り繋いでインサイドまでスーパーロングライディングしてしまいます!!


人気が凄くて現在在庫がございませんが6月入荷で予約が可能です!

サーフィンワールド5月号発売中!


西井が昨年の12月に行った、マレーシアのサーフトリップの記事が掲載されています。


この写真は、WAVE POOLで、NAKAJIMAカメラマンさんが水中から撮ってくれたもので、
乗っているボードは、5’5”ROCKETです。


短い距離しか乗れない、プールで、ROCKETは、タイトなターンでとても波質にマッチしていました。

日本には、WAVE POOLが無くなってしまったけど、
現在の技術ならもっと良い波の、WAVE POOLができそうですね。
そういえば、ケリーが計画しているなんて話もありますよね。


この写真は、蛇に襲われてるのではなくて、
BARで酔っぱらっていたら、無理矢理持たされて、困っているところなんです。

この写真乗せるなら、もっとサーフ写真乗せて欲しかったです。


こんなオーロラ QUADLOW FIN を付けて、
UBER FISH 5'6" 乗ってる写真もあったんですよ、


SWさん、名前も間違ってます、、、。

とは、言え、皆さん、SW 買ってみてくださいね!

サーフィンライフ カタログ号発売中!!


ロストとプレセボが見開きページにて掲載されています。


ロストのページには2008年のニューモデルがずらりと掲載されています。
その中には先週大量入荷して現在サイト掲載準備中のMONKもありますね。
MONKは、アンコウのフィッシュマークに小さくLOSTのロゴが入っていて、
とぼけたイイ感じです。


プレセボは、今年注目のエカクタの掲載ももちろんあります。
6'1"と5'11"の2サイズです。
もうすでに予約を沢山いただいていて、初回入荷分はどちらとも残り後数本です。
ご検討中の方、お早めにご検討ください!


サーフィンライフ カタログ号は、見所満載、見ていて楽しい保存版です。
DVDも付いていてとてもお買い得なので皆さん本屋さん急いでください!

昨年、西井が取材に行った、メンタワイトリップDVD発売されました。


2月1日、サーフファースト誌から発売されている、
2008年3月号の付録DVDに西井が出ています。

ストーリーも担当しているので皆さん、是非見てください。
このサイトに掲載してある、24'Sエンドレスジャニーをリメイクしたものです。


DVDの初めで西井が釣ったサカナはサワラです。
そのシーンで何故か?
『俺が釣ったみたい!』と叫んでいますが、
本当に釣ったんで見てください。
サシミで食べましたが美味しかったです、、。


最新号の US SURFING 誌にメイヘムのインタビューが掲載されているようです。

まだこの本は手元に届いていませんが、西井は年間購読をしているのでもう少ししたら、届くので楽しみにしています。

メイヘムが着ているTEEのプリントロゴが良いですね!
『戦争するな、ボードを作れ!』ってプリントされたロストの今年の夏に発売されていたTEEです。メイヘムが着ていると説得力ありますね。




コリーとアンディがメイヘムシェイプのボードに乗っている写真も掲載しておきます。

ラヴサーフで開催されている、ボーナスセールは明日からの3連休も行われていますので、皆さん御来店お待ちしております。



祭日になる金曜日の営業時間は、
PM2:00から、PM9:00ですのでお間違え無くお願いいたします!


US トランスワールド誌を見ていたら、

こんな凄い、シークエンス写真が掲載されていたので、皆さんにも見て欲しいので、掲載します!
よーく、見てください、この連続写真を!!

ワードが、QUAD シャークに乗って、エアーしてるのですが、


前足を前方に蹴り出し、


左手で下レールを掴み、


元にに戻って着地するという、


とんでもない技をメイクしているんです。


こんな技できたらいいですね!


八丈島の期待の若手、Gさんが、今週末に島で行われる、コンテストの為にと、
SD2 パラボリックストリンガー XTR5.Cをご購入してくれました。
プロを、目指して、千葉でサーフィン修行をスタートさせた、Gさんは、新島で行われた全日本で、波の小さかった為、フィン壊してしまい、今週末のコンテストに出場するボードを選びにきてくれたんです。同サイズの、SD3、WCTや、PSYCHO WARD モデルと見比べて、SD2をチョイスです。
去年は2位だった、今週末のコンテスト頑張ってくださいね!
今年の年初めに、サーフィンライフ誌のカバー


として掲載され、日本中のサーファーがクアッドというボードに興味を持つきっかけになったといっても過言ではない写真の別ショットが、

FLOWマガジンに掲載されました。

RNF-Q に乗るコリーの写真です。

FLOWの方はフィンが4枚付いていますので、
フィンが1枚無い、サーフィンライフの写真の前のショットということになりますね。

ダブルページに見開き掲載ありがとうございます、ユキさん!


こちらの写真は、SDモデルから、SD2モデルへステップアップした、Mさんです。AUROLAのケースと、AUROLAのプロテクターで完全装備しました。次はSD3を狙っているそうです。
オーストラリアのサーフ専門誌にプレセボに乗る、
コリーのライディング写真が掲載されていますのでご紹介します。

これは、WAVEという本です。
このターン凄くないですか?
このフロントサイドターンは最近のコーリーの得意技の一つですね。


こうすると、レギュラースタンスの人にもこのターンが凄いのが解りますね。


こちらは、トラックスという本です。
フレックスライトに乗っているコリーのオニールの広告写真です。
カッコイイですね、コリーのエアー!


ブルーのFUTUERフィンは、GLASS LITE シリーズですね。

Copyright © 24's Blog。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
西井浩治
年齢:
51
西井です!長年のノウハウとカリフォルニアとの太いコネクションを持っております!LostのメイヘムとリレーションシップによってLOST&Placeboサーフボードの総代理店「LUVSURF」をやっております!
男性
誕生日:
1965/10/27
フリーエリア
最新コメント
[08/27 notcho]
[08/06 SD7]
[07/30 みー]
[07/19 栗栖]
[07/04 一言タケちゃん]
[05/27 Halumasa at WATERS]
[05/20 よしゆき]
[05/20 おおかわ]
[05/13 Halumasa at WATERS]
[04/04 大河 政人]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
お天気情報